• TOP >> 

最近では女性の未婚化が進み、女性でも一人で自立して生きていけるようにならないといけない時代になりました。 これから女性が自立していくために、必要な事項を考えていきます。 まず仕事を確保することです。 現在、非正規労働の状態ですと老後が非常に心配です。 非正規労働でしたら、厚生年金を会社からかけてもらうことなく、自己負担で国民年金を支払い続けないといけません。 それに正社員が受け取るボーナスも、非正規雇用では受け取ることができないので、年収において大きな格差が生じてしまいます。 何処の会社でも良いので、まず自立するためには正社員の仕事に就いておくべきです。 仕事さえ選ばなければ、正社員の仕事を探すことができるので、まず自立をすると決めたときには正社員の仕事を探してみましょう。

そして一生の住処を確保する必要があります。 賃貸暮らしも良いかもしれないですが、賃貸暮らしをするよりも分譲物件を手に入れて住宅ローンを完済し、60歳を過ぎてからは食べていくだけの収入を得る程度の仕事に就くくらいで良いと考えられます。 賃貸暮らしでしたら家賃をずっと支払い続けるので、結果自分のものになりません。 家賃と同じ負担額の住宅ローンを組んで、返済していく方が賢く一生の住処を手に入れることができます。 60歳を過ぎた女性が賃貸物件の家賃を得るために仕事を選択するよりも、現役時代にしっかりと働いてローンを払い終えるほうが良いでしょう。 女性が自立するには、ある程度のお金が必要になりますので、毎月の貯金や個人年金等の投資に積極的に回していくことです。 倹約をするという事はケチと思われがちですが、将来を安心して暮らせる知恵なのです。 お金があると急な病気にも対応することができますし、万が一老人ホームへ入居するときにもお金をかなり役立ててくれるところがあります。

そして一人きりで自立をするには周りの友達が必要になります。 友達がいることで、いざいというピンチの時に助け合いをすることができますし、日ごろから会食やお茶を楽しんだりすることもできるのです。 友達は精神的な支えとして必要な存在になりますので、現在いる友達を絶対に大事にしておいたほうが良いでしょう。 話し相手がいるだけでも精神的にかなり安定することができます。 女性が経済的かつ精神的に自立するためには、時間も手間も労力もかかりますが、老後を豊かに過ごすためには絶対に必要なことです。 そのあたりは周りの方に相談をしながら頑張って準備をしていきましょう。

最近では女性が社会で活躍するケースも増えているので、女性の給料は安いイメージがありますが、努力をして結果を出せば男性同様に認められるのです。 そして、稼ぐことができれば自立への最短距離を進めます。 安いアパートでも自分で稼いでいれば自立だと思う人もいれば、高級マンションに住めるようになって始めて自立だと思う人もいると思いますが、そのどちらも間違いではありません。 正解は自分の理想になれるかどうかなのです。
後者であれば、自立した女性は風俗求人で更なる収入を獲得するなどして近づいていく必要があります。 風俗といえばお金に困っている人がするように思われがちですが、実際は目標に向かっている方が多いです。 そしてこの仕事を恥じる必要もありません。 自分の信念を貫いて前に進んでいるのは素晴らしいことです。 もし、あまり良く言わない人がいれば、それは挑戦することから逃げているだけの人なのですから。